サイトマップ リフォームのことなら山口家庭風呂センター プライバシーポリシー リフォームのことなら山口家庭風呂センター topページ リフォームのことなら山口家庭風呂センターに 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

社長あいさつ

-リフォームのことなら山口家庭風呂センターへ-

 

社長の写真です|リフォームするなら山口家庭風呂センター 

 

山口家庭風呂センターの代表者の重富です。

ホームページをご覧いただきありがとうございます。 

当社は昭和42年4月、石炭を燃料とする風呂釜を販売する会社として設立致しました。

以後、時代の流れに沿い事業内容も変わり、住まいに関するお客様のご希望にお答えすべく住宅設備業として、水廻りを中心とするリフォームを行っております。

 

”どんな小さな事でも”をモットーに日々精進しております。

 どうぞよろしくお願い致します。

 

  代表取締役  重冨 倍子

 

 

 


topページにもどる  

 

 

 

会社の歴史

-リフォームのことなら山口家庭風呂センターへ-

 

会社の歴史です|リフォームするなら山口家庭風呂センターへ (有)山口家庭風呂センター

 

 

当社の生い立ちは、新鉄工業という鉄製のスポーツ器具を製造販売する鉄工所として、現在の山口市平井アルクさんの所で産声をあげました。

 

その頃、(株)宇部興産が石炭を燃料とするウベバスボイラーという家庭用風呂釜を開発し、その製造を関連会社であった新鉄工業が引き受ける事になったのが始まりです。

 

当時(株)宇部興産は石炭の販売をしておりその販売ルートを全国に持ち、それを拠点とし販社を立ち上げ土地名を頭に OO家庭風呂センターと致しました。

そのうちの一社がのちの山口家庭風呂センターの前身です。

 

販売台数が伸びるにつれ、社名を(株)ウベバスボイラーにあらため、場所も山口市黒川(現在のハートホームさんの所)に新しく工場を建て、製造と販社を分身させ現在の(有)山口家庭風呂センターとなった理由です。(昭和42年4月)

 

ですがやがて、石炭がすたれ燃料も灯油や電気が主流となり、黒猫マークの可愛いボイラーも姿を消しました。

当社も総合住宅設備業へと変身し現在に至っております。

 

総業当時、ウベバスボイラー用にタイルの浴槽も製造しており、生産が追い付かず創業者達は深夜まで踏ん張っていたと聞いております。

そのタイルの浴槽は現在も耐えお客様に大事にあつかわれている姿を現場で遭遇した時には感動したものです。

 

そのような歴史を経て、現在で水廻りのリフォームを中心として、お客様のお住まいを総合的に快適な暮らしにと日々精進している次第です。

 

 

代表取締役 重冨 倍子 
 社員一同

 

 

 

 

topページ リフォームのことなら山口家庭風呂センターに    

家庭風呂マーク|リフォームなら山口家庭風呂センター工事までの流れ リフォームのことなら山口家庭風呂センターに    

サイトマップ リフォームのことなら山口家庭風呂センターに プライバシーポリシー リフォームのことなら山口家庭風呂センターに  施工事例集 リフォームのことなら山口家庭風呂センターに   

このエントリーをはてなブックマークに追加